最新記事

皆様からの質問 「自然に感染した方が良いのでは?」

麻疹や水痘など、感染力の強い感染症は、一度かかってしまえば、一生続く免疫が出来て、二度かからないと考えられています。
そこで、予防接種をせずに、自然にかかってしまえば、その方が良いのでは?と、質問される方も、いらっしゃいます。
しかし、感染症は、いろいろな合併症を起こすことがあります。
例えば、脳炎や肺炎など、命にかかわる危険もあります。
また、病気を発症することにより、周りの人にその病気を広げて、流行させてしまうこともあります。
今年の麻疹流行も、発症者は、麻疹予防接種歴「無し」もしくは「不明」な方が、ほとんどです。
したがって、予防接種で予防出来るの病気は、やはり接種して予防するのが最善と思われます。
予防接種が普及すると、その病気の減少が、予防接種のおかげであることを忘れがちです。
一方で、副反応などがクローズアップされやすくなります。
メリットとデメリットについて、冷静に判断して、接種する姿勢が重要です。

 
前田こどもクリニック | 小児科
住 所:大阪市東淀川区上新庄2丁目15-18 旭丘ビル4F
電 話:06-6990-1115